パソコンの仕事中にワークアップ するイメージ画像

少し前に「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」がベストセラーとなり、食事と仕事の効率に注目が集まりましたが、これからはますますその傾向が強くなりそうです。

炭水化物の摂りすぎは仕事の効率を下げると言われていますが、日本といえばお米の国、そろそろ新米の時期ですし、ご飯を抜くなんて無理!と思ってしまいますが、やはり午後眠くなるの炭水化物のせいのようですし、眠さが続く間に作業がはかどるはずもなく、気づくと、記憶が飛んでいるだけでなく、宇宙人と交信したのか?というくらい意味不明のものを打ち込んでいたりします。そんな時の対策方法を考えていきたいと思います。

仕事中に眠くならないようにするためには食べる順番も大切

そうすると、お昼に摂取するご飯の量を少し減らした方が良いかな?と考えてはいるものの一向に減る気配がありません。というか、その気がありません。

しかし、最近は先に野菜などを摂取することにより、食物繊維が糖質を吸着することにより、吸収率を下げると言われているので、まずはサラダや野菜を先に食べるようにしています。

間食は仕事中に食べるべきものだった?!

仕事をしていると疲れてきて、作業効率が下がるということもあると思いますが、実は頭をぐるぐる回して、栄養を使い果たして、ぐったりしてきている可能性があるそうです。

そういえば以前仕事でご一緒した医師は、パソコン&インターネットの登場により、現代人の情報処理量は格段に多くなっているので、栄養不足気味である。特にミネラルが……。とおっしゃってましたが、仕事中の間食をナッツやドライフルーツを完食にすることで、小腹が満たされるだけでなく、使い果たされた栄養を補給することもできるようです。

一日中PC仕事にダラダラ間食はNG! 栄養アドバイザーが教える食事術
https://dot.asahi.com/aera/2019100300029.html?page=1

仕事中には炭酸水を飲もう!

間食だけではなく、仕事中の飲み物もワークアップには大切です。私は炭酸水が好きでよく飲むのですが、お高いレストランに行くとスパークリングウォーターと言われ割には、セブンイレブンで100円以下で買える、この炭酸水をこよなく愛しています。

今回記事を書くにあたり、探したところ、発酵食品・腸内細菌で有名な藤田先生が、「炭酸水には疲労物質を取り除き、血流をよくする効果がある」と、仰っている記事を発見!

やはり、私のチョイスは間違っていなかった。と確信し、これからも活用していこうと思った次第です。

炭酸水には疲労物質を取り除き、血流をよくする効果がある【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.8】
https://incorporationlive.com/column/fujita-column/carbonated-water/

まだまだ、これからも情報収拾はしていきます、ブログで発信していくのでお楽しみに!