松川純子(立川さゆり)肖像写真、宣材写真 撮影者:村瀬信彦様
松川純子(立川さゆり) 撮影者:1975年 村瀬信彦様 ©
※写真の無断転載・無断使用は禁止です。

大好きだったおばが一昨年亡くなりました。おばは若い頃女優をしていて、亡くなる前にWikipediaに掲載されているのを知り、プリントアウトして家族で見て楽しんでいました。

おばは、松川純子、旧芸名を立川さゆりといい、東映ニューフェイスの9期生に選ばれたデビューしたため、出演映画などは時代劇が多いです。立川さゆりとして活動していたのもこの時期で、その後東京に帰ってからは本名の松川純子で出演していました。小さい頃にはTVを見ていると唐突におばが出てくることがあり、そのことをよく電話で話したりしていました。そんなことを思い出しながら、亡くなったことを機にWikipediaを整理しました。

松川純子 – WikiPedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%98%A0%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9

マルベル堂さんでは松川純子のプロマイドが旧芸名の立川さゆりで未だに販売されています

また、現在でもマルベル堂という、日本で唯一のプロマイド販売店ではおばの若い頃のプロマイドが売られています。(なんだか他の方の写真も入っているのですが (^^;;)

松川純子(旧芸名:立川さゆり) http://promide.com/page.php?s=1809

余談ですが以前”プロマイド”という言葉を聞き「え、ブロマイドじゃないの?」と思ったことがあるのですが、こちらのマルベル堂さんが発祥なのだとか……。

「ブロマイド」は、写真用印画紙、又はこれを用いた写真のこと。またはマルベル堂などが発行している、タレントなどのコレクション用肖像写真、「プロマイド (Puromaido)」のこと。

ブロマイド (Bromide) は本来の英語で臭化物を指す語だが、臭化銀(シルバー・ブロマイド)を感光剤として用いた印画紙 (Bromide paper) を指す和製英語となった。

ブロマイド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%89

今でもプロマイドが売られ、Twitterなどで検索をすると少し情報が出てきて、話題にして頂けることがとてもうれしく思っていました。

おば「松川純子」の写真の撮影者を探して

しかし、先日そのおばの主人であるおじから電話がかかってきて、画像検索すると出てくる写真があまり良くないのでなんとかして欲しい、といのことで、この写真をWikipediaに掲載して欲しいと依頼がありました。

送られた写真は2枚あり、1枚はこのページトップで使わせて頂いている写真、1枚は新婚当時おじが撮ったというこちらの写真。

松川純子(立川さゆり)全体写真
松川純子 全身写真
※写真の無断転載・無断使用は禁止です。

おじが撮った写真も良いのですが、退色・スキャンによるボケがひどいので、もう1枚の写真の著作者を確認することにしました。しかし、手がかりは写真の裏に押された『1975© 東京四谷ムラセ』という文字だけ。

それを手がかりに探すことにしました。恐らくフォトスタジオではないかと思い、Googleで検索をするも情報は皆無。現在四谷にムラセさんという写真館は無いようです。最近のお店、サービスなどはネット上に情報があるので探しやすいのですが、ネット以前の情報というのは探しづらく、現存していないと情報は皆無といっても過言ではありません。

これには、検索を得意とし、以前のIT業界の職場で上司に検索を頼まれるくらいであった私でも結構大変でした。TVなどで家族を辿ったり、探したりする番組がありますが、あの方達の大変さがわかりました。

現在の地図を調べてもそのような名前のスタジオが無いので、昭和30年の古地図(https://sites.google.com/site/dejichizu/home/edo)を調べたり、キーワードを変えて検索するなどして行き着いたのが、「四谷二丁目発展会」さんのチラシにあった「七五三まいり 須賀神社 四谷の写真館「ムラセスタジオ」来社」というもの、これを便りにムラセスタジオさんを探していき、日本肖像写真家協会に行き当たり、関係者ではないかと思われる方に思い切ってお手紙を差し上げたところ、撮影者の「村瀬信彦さん」の息子さんであることが判明。

おば、松川純子を撮影して下さった村瀬信彦さんは、当時「NACプロダクション」さんや、「三木プロダクション」さんなど宣材写真を数多く撮影されていたそうで、おばはどちらのプロダクションにも属していなかったのではないようですが、何か評判やツテでお撮り頂いたのかもしれません。どうりで、普通の写真館で撮影した写真ではないクオリティだと思いました。(Webのディレクターなんて仕事をしていると、時としてそのようなことにも詳しくなったりします。)

話は変わりますが、日本肖像写真家協会さんは毎年写真展をされていらっしゃり、今度は6月に展示会をされるそうなので、ご興味ある方は、是非展示会などに足を運んでみて下さい。

日本肖像写真家協会 http://jppa.jpn.org/

Wikipediaに写真をアップすると誰でも使い放題になってしまう……。

息子さんからネットへの写真の掲載を許可を頂いたので、早速アップしようとしたところ、Wikipediaに写真をアップすると二次利用可能がデフォルトのため、そもそもWeb業界で暮らしている身として、その辺りはナーバスになってしまい、さすがにそこまでご了承を頂くのは申し訳ないと思い、また、私のブログで掲載し画像を検索画面に出るようにいたしました。

今までのSEOの知識が役に立つと良いのですが……。しかしSEO目的だけではつまらないので、少し読み物風に下次第です。写真から私のブログにたどり着いたり、松川純子、または立川さゆりでたどり着きお読み下さり、ありがとうございました。少しでも楽しんで頂けたなら幸いです。